キャッシング即日-キャッシング以外でお金を用意するには

お金が足りなくなったらとりあえずキャッシングを検討してしまう方もいるようですが、このような使い方をしてしまうと気づかないうちに借金が膨らんでしまいます。

そこで、キャッシングをせずにお金を作る方法についてご紹介しましょう。 まずはこちらの方法が選択できないか考えてみると良いですね。

最初に確認しておきたいことが、忘れている自分のお金がないか?ということ。 例えば、しばらく使っていない銀行口座にお金が残っていないでしょうか。 へそくりをしたまま忘れてしまうケースもあります。

他には友人に貸したままで返って来ていいないお金がないかチェックしてみるのも良いですね。 こういったお金が出てくればキャッシングせずに済むかもしれません。

次に、不要な物を売ってお金を作るというのもおすすめです。 古本のほか、服や家具などをリサイクルショップで売ると良いですね。

自分ではそれほど価値がないと思っていたものが思わぬ価格で売れることもあるため、売れそうなものがないか探してみてはどうでしょうか。

ただ、高く売るためには高く買い取ってくれるお店に依頼する必要があります。 お店によって価格がつくものもあればつかないものもあるため、どこに売れば一番高く買い取ってくれるのかを調べた上で売ると良いですね。

絶対にやってはいけないのがギャンブルに手を出すことです。 一度でもギャンブルでおいしい思いをしたことがある方は「もしかしたらまた臨時収入に繋がるかもしれない」と考えてしまうかもしれません。

ですが、そのような賭けに出るのは非常に危険です。 失敗したらことを考えると絶対におすすめできません。

それよりも節約してお金を作ったり、空いた時間を作って働くことを考えてみてはどうでしょうか。

本業がある中、新しく仕事を増やすのはとても大変なことです。 ですが、資格を持っている方はそれを上手に活用して効率よく収入を得られる可能性もあります。

それに、人手が足りず好条件でアルバイトや派遣スタッフを募集している所もあるため、資格がない方でも空き時間で収入を得ることは難しくないのです。

キャッシング、完済を目指そう

一度キャッシングを利用してしまうと、何十年にもわたって返済を続けなければならない方もいます。 毎月少しずつ返済しては借りるというのを繰り返してしまうと、いつまでたっても借金は減りません。

そんな借金生活に嫌気がさしているのであれば、次のような方法で完済を目指してみてはどうでしょうか。

まず、新たな借り入れを作らないということが何よりも重要です。 限度額いっぱいまで使ってしまったものの、1万円返済すれば次の月にはまた1万円借りられる状態になりますよね。 これを繰り返すと常に限度額付近をさまようことになってしまいます。

毎月キャッシングに頼って生活していた方は大変なことかもしれませんが、新たな借り入れをやめるということが借金生活から抜け出すために何より重要です。

お金がない時はキャッシングに頼ってしまうという方は、クレジットカードやローンカードを捨てるという手もあります。 捨ててしまえば新たな借り入れができなくなるため、今あるお金でやりくりしなければなりません。

特に、絶対に必要ないものを購入してお金がなくなったらカードに頼っていたという方もこの方法であればやりくりする技術が身につくでしょう。

毎月お金が足りなくてキャッシングに頼っていたという方は、収入をアップさせたり収入減を増やすというのもおすすめの方法です。 また、月々の出費を減らすために節約することも検討してみてはどうでしょうか。

返済額を増やすためには収入を増やすか出費を減らすなどして返済に回せるお金を増やすことが大切です。 今の職場ではそれ以上収入が増やせないという方は副業をすることも考えてみると良いですね。

当然ながら、ギャンブルなどでお金を増やそうと考えるのは危険です。 ちょっとしたアルバイトをするだけでも月々の返済額を増やしていくことができるので、本業以外の仕事に就くことも検討してみると良いでしょう。

最後に、いくつかの借金をまとめるという手もあります。 金利の低い業者に借金をまとめることにより総合的な返済額が少なくなるだけでなく、自分の借金総額を正確に把握できるので非常に効果的です。

改正賃金業法でどう変わった?

日本では多重債務に苦しむ方が増え、債務整理などを選択する方が多発しました。 そういった方を救済するための処置として考えられたのが改正賃金業法と呼ばれるものです。

2006年の12月に成立したのですが、これにより変わったことがいくつかあります。 まず、上限金利が引き下げられたということ。 これにより以前に比べて低い権利でキャッシングができるようになりました。

この法律が成立する前まではグレーゾーン金利と呼ばれるものが存在しており、これにより苦しめられている方がたくさんいたのです。

グレーゾーン金利とは、キャッシングの上限金利が出資法と利息制限法の二つの法律で規定されていることにより発生するものです。

その場合の条件金利は29.2%となっており、2006年まではこの金利に近い数値で借りていた方が多かったのですが、改正賃金業法の成立に伴い、上限が20%に規定されました。

それまでに29.2%の金利を払っていた方も20%を支払えば良いようになったので、この違いはとても大きいです。

これだけを聞くと利用者にとってメリットの大きい法律だと考えてしまいますが、この法律が成立したことによって苦しんでいる方もいます。

その理由として挙げられるのが、総量規制というものも導入されたということ。 これは、総借入残高は年収の3分の1までに抑えなければならないという法律のことです。

つまり、年収が300万円の方はキャッシングで借りられる金額が100万円までに制限されるという法律なのですが、改正賃金業法成立された時点で年収の3分の1以上の借り入れがあった方はそれを下回る金額になるまで返済をしなければ新たな借り入れができない状況となりました。

それによりヤミ金に手を出してしまった方もいるようです。 確かに改正賃金業法が成立したことにより多重債務の問題は少しずつ解決しています。

これから新たにキャッシングをしようと思っている方は改正賃金業法に基づいた借り入れを行っていくことになるわけですが、多重債務のリスクを減らすためには自分自身で返済計画をしっかり立てて、無理のない範囲で上手に利用していかなければなりません。

キャッシングが必要なほどお金が足りなくなる理由

キャッシングを利用してしまうと当然のことながら返済をしなければなりません。 ですが、お金に苦労することなく生活している方もいますよね。

この違いはどこにあるのかというと、いくつかの特徴が挙げられるのです。 実は、収入が多い方ならば必ずしもお金に困らないというわけではありません。 重要なのは、自分の現状を正しく把握できているかどうかということです。

例えば、先月の食費はいくらでしたか?と聞かれて正確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。 他にも、先月の娯楽費は給料の何%でしたか?と聞かれても答えられる方は少ないはず。

実際に借金をしている方の中にも現在の借り入れ総額を正しく把握していないということは非常に多いです。

これは、お金に関してルーズになっているともいえるでしょう。 お金が足りなくなってしまう方は毎月何となく生活している傾向が強いようです。 逆にお金に困ったことがない方は自分の出費や収入を正しく把握しており、それに見合った生活をしています。

また、お金に苦しむ方の傾向として「お金を使ってしまっても何とかなるだろう精神」の方が多いようです。 例えば、「欲しいものがあるからとりあえず買ってしまおう、今月はいつもより給料が少ないけれど食費を切り詰めれば何とかなるだろう。」のように考えてしまった経験はないでしょうか。

お金に困らない方はここで「今月は給料が少ないから欲しいものは買えないな」と判断できます。 こういったことにならないためにも、お金を使う際には必ず計画を立てましょう。

「何とかなるだろう」と考えてお金を使ってしまうと、最終的には生活費などが足りなくなり、その足りなくなった分をキャッシングなどでやりくりする形になってしまうのです。

計画力が不足していると、自分では間に合うつもりでいたものの実際には全く足りず、同じくキャッシングに手を出す形になってしまいます。

キャッシングの金額がどんどん増えてしまっている方は早い段階で計画力を身につけておかないと、取り返しのつかない結果になってしまう可能性も高くなるため、一日でも早く借金の返済計画を見直しましょう。

このページの先頭へ